賢い活用法とリスク

無利息融資の賢い活用法の1つとして、次々と異なる金融機関のサービスを1回ずつ利用するスタイルが思い浮かびます。大半の金融機関の無利息キャッシングサービスは、1人1回限りかつ返済期限も区切られており、期限内に全額返済すれば利息負担は生じません。こうして適正にサービスを利用する事で、その金融業者に対する利用実績が生じます。実績を重ねれば融資限度額がアップするのがこのサービスですので、この点では利用のメリットに繋がると判断しても間違いではありません。

こうして必要に応じて次々とピンポイントで利用を重ねれば、無利息で必要額の調達が可能ですが、ここで注意すべきポイントとして、より厳しい自己管理と金銭感覚が挙げられます。こうした習慣を身につけてしまうと、実際の自身の収入以上の出費に対する危機感が薄れてしまい、尚且つキャッシングサービスに元来切り離せない利息の概念も薄れてしまいます。片っ端から無利息サービスを利用し続ければ、当然残された選択肢は狭まり、時に怪し気な金融業者が掲げる「無利息」の三文字に吸い寄せられてしまう可能性も否めません。金融業者から「お金を借りる」という行為の責任をしっかりと理解の上、あくまで無利息サービスはここ1番の切り札的手法と捉え、乱用に走らぬ自制心が求められます

参考サイト→キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト

無利息特典に関して

近年着実に新規利用者を増やし続けているのが、無利息特典を謳うキャッシングサービスであり、これは全てのエンドユーザーの心を捉えて当然です。具体的には新規申込からの最初の利用に関しては無利息、一定期間内の完済であれば何度利用しても無利息など、元金のみの返済で現金調達が叶うメリットが見過ごせません

キャッシングサービスの利息は法律で上限が定められており、各金融機関は自社活用のメリットをより多くの利用見込者に伝えるべく、低金利を積極的にインフォメーションしていますが、それでも複数回の利用を重ねれば、利息負担額は相応の金額に膨らみます。また実質年率など、私達が計算式などを正確に理解しないままサービスを活用しているケースも多く、いざ借金問題が表面化から弁護士との確認作業を進める中、自身でも驚く程の利息を負担し続けていた事実に気づくケースは珍しくありません。ですがこれが法定金利内であれば、昨今話題の過払い金の返還対象とはならず、遅延損害金も含めた全額返済が債務者の義務となります。

ですが金融業者はボランティアではなく、全サービスを無利息とする事は不可能であり、自ずと利用者に対しては何らかの制限を設けて当然です。無利息の三文字に条件反射的に惹かれ、安易に利用を重ねてしまう金銭感覚を抱いてしまうのは危険であり、あくまでも融資は必要に迫られた際の切り札と捉える姿勢が大切です。

消費者金融と利息

消費者金融業者は民間企業であり、合法的な貸金業者として営利目的各種自社サービスを提供しており、自社利益の要となるのが借入者が負担する「金利」です。この金利で従業員の給料や企業自体の維持費、そして更なる成長に必要な先行投資費用などを賄っており、消費者金融と金利は断じて切り離せぬ関係性を有しています。

ところが一方で無利息キャッシングサービスを謳う消費者金融も見られ、最初の利用に限り、一定期間内に全額返済すれば金利ゼロという、実質的にはボランティア同然のサービスを提供から人気を博しています。勿論これは新規会員獲得を目的とするサービスに他ならず、その後同一利用者がコンスタントに利用を重ねてくれれば、元を取る以上の利益に繋がります。ですがこの無利息なる大きなメリットを賢く活用する事で、利息負担を気にせずの借入から確実に返済すれば、実際に有する現金金額以上の現金決済が叶うのも事実です。何より借入額が数十万単位となれば、法定金利内の利息も相応の金額となり、この部分の有無が返済時に感じる負担を大きく左右します。

ここではキャッシングサービスを更にワンランク賢く活用すべく、消費者金融の無利息キャッシングに着目から、具体的な活用法を探ってみたいと思います。但しこうしたある意味テクニカルな借入には、リスクやデメリットの存在が切り離せず、こうした「負」に繋がり兼ねぬ可能性も含め、深く正しいシステム全体の理解が求められます。