消費者金融と利息

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

消費者金融業者は民間企業であり、合法的な貸金業者として営利目的各種自社サービスを提供しており、自社利益の要となるのが借入者が負担する「金利」です。この金利で従業員の給料や企業自体の維持費、そして更なる成長に必要な先行投資費用などを賄っており、消費者金融と金利は断じて切り離せぬ関係性を有しています。

ところが一方で無利息キャッシングサービスを謳う消費者金融も見られ、最初の利用に限り、一定期間内に全額返済すれば金利ゼロという、実質的にはボランティア同然のサービスを提供から人気を博しています。勿論これは新規会員獲得を目的とするサービスに他ならず、その後同一利用者がコンスタントに利用を重ねてくれれば、元を取る以上の利益に繋がります。ですがこの無利息なる大きなメリットを賢く活用する事で、利息負担を気にせずの借入から確実に返済すれば、実際に有する現金金額以上の現金決済が叶うのも事実です。何より借入額が数十万単位となれば、法定金利内の利息も相応の金額となり、この部分の有無が返済時に感じる負担を大きく左右します。

ここではキャッシングサービスを更にワンランク賢く活用すべく、消費者金融の無利息キャッシングに着目から、具体的な活用法を探ってみたいと思います。但しこうしたある意味テクニカルな借入には、リスクやデメリットの存在が切り離せず、こうした「負」に繋がり兼ねぬ可能性も含め、深く正しいシステム全体の理解が求められます。

Published by