無利息特典に関して

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

近年着実に新規利用者を増やし続けているのが、無利息特典を謳うキャッシングサービスであり、これは全てのエンドユーザーの心を捉えて当然です。具体的には新規申込からの最初の利用に関しては無利息、一定期間内の完済であれば何度利用しても無利息など、元金のみの返済で現金調達が叶うメリットが見過ごせません

キャッシングサービスの利息は法律で上限が定められており、各金融機関は自社活用のメリットをより多くの利用見込者に伝えるべく、低金利を積極的にインフォメーションしていますが、それでも複数回の利用を重ねれば、利息負担額は相応の金額に膨らみます。また実質年率など、私達が計算式などを正確に理解しないままサービスを活用しているケースも多く、いざ借金問題が表面化から弁護士との確認作業を進める中、自身でも驚く程の利息を負担し続けていた事実に気づくケースは珍しくありません。ですがこれが法定金利内であれば、昨今話題の過払い金の返還対象とはならず、遅延損害金も含めた全額返済が債務者の義務となります。

ですが金融業者はボランティアではなく、全サービスを無利息とする事は不可能であり、自ずと利用者に対しては何らかの制限を設けて当然です。無利息の三文字に条件反射的に惹かれ、安易に利用を重ねてしまう金銭感覚を抱いてしまうのは危険であり、あくまでも融資は必要に迫られた際の切り札と捉える姿勢が大切です。

Published by